ザ・ 多発性硬化症 (( SM )、 とも呼ばれている 多発性硬化症 は、慢性的な自己免疫性、炎症性および脱髄性の疾患であり、進行性の障害を伴い、病因は定義されておらず、中枢神経系(CNS)に影響を及ぼします(Cambier Jean M.M.、2005)。



多発性硬化症



これは、若年成人の間で最も頻繁に見られる神経疾患であり(Grossi P.、2008)、その発症は20〜40歳の症例の70%で発生し(Vella L.、1985; Grossi P.、2008)、 '28歳の平均発症年齢(Lanzillo R. et al。、2016)。近年では、症例数も3%から5%に増加しています。 多発性硬化症 早期発症、すなわち18年前(Lanzillo R. et al。、2016)。



広告 用語 「硬化症」 この病気に起因するのは、プラークと呼ばれる組織の硬化と瘢痕化を特徴とする病変の存在に由来します。これらは、 多発性硬化症 、2つあります 独特の側面 時間的播種、すなわち疾患の経過における進行性および悪化性の経過、および空間的播種などの診断の基礎となるもの。脱髄(またはアキソミエリン解離)の病理学的過程によって影響を受ける脳領域および脊髄領域の多様性に由来して、形容詞「複数」の理由が説明されるのは後者に関連している。特に、プラークが最も頻繁に位置する部位は、脳室周囲領域、視神経、脳幹、小脳、および脊髄の前外側および後索の白質に関係している(Vella L.、1985)。

多発性硬化症(MS)および筋栄養性側方硬化症(ALS)

多発性硬化症 です 筋萎縮性側索硬化症 それらは両方とも2つの退行性神経疾患ですが、臨床像、進化、予後、および治療法が大きく異なります。どちらも宗派に用語がありますが 「硬化症」 インクルード 多発性硬化症 そしてその 筋萎縮性側索硬化症 それらは基本的に2つの非常に異なる病状です。



ザ・ 多発性硬化症 中枢神経系、脳、脊髄の白質に影響を与える病気です。

ザ・ レタス 代わりに、それは運動ニューロン、脳の神経細胞、筋肉の動きを制御する脊髄に影響を与える深刻な変性疾患です。に レタス その後、運動系のみが影響を受け、麻痺につながる可能性のある進行性の筋力低下を伴います。

多発性硬化症:症状

多発性硬化症の症状 のエリアの場所に依存します 脱髄 ;それらの外観は、浮腫と有毒な炎症性メディエーターの作用および軸索喪失の両方によって引き起こされる可能性があります。慢性的な場合、進行性の軸索損傷は、広範囲の脳の変性と萎縮を引き起こし、これは脱髄よりも永続的な神経学的欠損とはるかに相関しているように見える(Poser、Raun、&Poser、1982)。

の症状 多発性硬化症の発症 それらは非常に変動性が高く、急性、亜急性、またはゆっくりと進行する形で、単独でまたは関連して発生する可能性があります。アキソミエリン解離プロセスの病態生理学的効果は、不均一な症状スペクトルを通じて現れるインパルス伝導速度の低下にあります。実際、その機能の喪失に対抗する脱髄の発生場所に応じて、異なるものの発症を観察することが可能です。 症状 (Cambier Jean M.M.、2005):

  • モーター:ピラミッド経路の関与により、それらは片側または両側に現れ、片麻痺の方法で分布します(片麻痺は、体の片側、右または左の筋力と自発的な運動性の部分的な喪失です)、またはより頻繁にパラパレティック(パラパレシスは、上肢または下肢の両方で筋力と運動性が部分的に失われることです)。最も頻繁な運動障害の中には、痙攣性の特徴を帯びる歩行の変化、バビンスキー徴候(足裏の外側縁の機械的刺激によって引き起こされる異常な運動反応、特にこの領域の鈍い先端を這う)があります指の屈曲を得る。これは、屈曲する代わりに、伸び、扇のように開く)、口蓋ベール反射の表在性腹部反射の廃止
  • 敏感:1つまたは複数の手足、体幹、顔に影響を及ぼし、片側または両側に発生する可能性があります。それらは、触覚、熱およびアルジックの麻痺性麻酔、およびレルミットの兆候(後者は放電の感覚からなる)で構成されています
  • 小脳:行進の運動失調、バランスの喪失およびめまいの発症、手足の無力症、関節症(すなわち、衰弱および衰弱を特徴とする音声関節障害による運動言語障害)などのバランスおよび運動協調の障害に現れる舌と口と顔の筋肉の調整。)スピーチの流暢さの欠如、遅さ、プロソディの変化、食欲不振に関連する
  • 頭蓋神経欠損症:症状は、脱髄の対象となる神経によって異なります。最も頻度が高いのは、めまい、不均衡、および眼球の不随意運動、すなわち、眼球の振動性、リズミカルおよび不随意運動(前庭経路)、低聴力(蝸牛神経)、顔面筋血症(大きな不随意筋収縮からなる運動障害)、末梢顔面麻痺、多発性または顔面片側硬化症(顔の筋肉、特に顔面神経の片側性、不随意および断続的な収縮)、外交(眼球運動神経)、後球性視神経炎(NORB、視神経:多発性硬化症の特徴的な症状の1つとして定義できます病気の進行の過程で、遅かれ早かれそれは視力の低下を通して現れるので)
  • 植物性機能障害:疲労感、腸障害(便秘または赤痢)、性的(生殖器感受性の喪失、性欲減退、勃起不全およびオルガスム喪失)、尿路(失禁)で観察可能
  • 発作性症状:それらは、突然の発症と急速な解決の症状を表します 多発性硬化症 てんかんはその一例です。

これらの症状、したがってさまざまな機能的神経系の効率を調べることで、次のような人々の障害の状態を測定することができます。 多発性硬化症 病気の進行を監視します。

この目的に使用され、臨床診療で治療戦略の評価に特に使用されるツールの1つは、 エキスパンドエンド障害ステータススケール(EDSS) (Kurtzke J.F.、1983)

ザ・ 多発性硬化症 個人の機能に強い影響を与えます。発症から10年以内に、患者の半数が家事と仕事の責任を完全に果たすことができなくなり、15年以内に半数が自力で歩くことができなくなり、25年以内に半数の患者が椅子を必要とします車輪の上(Confavreux、Vukusic、およびAdeleine、2003年)。

多発性硬化症と認知障害

影響を受けた人口の中で 多発性硬化症 変化の有病率の範囲が推定されます 認知機能 43%から70%の範囲(Chiaravallotti N.D. and DeLuca J.、2008)。

ほとんどの認知障害は軽度または中等度ですが、 認知症 多発性硬化症から。

の特徴的な神経心理学的プロファイル 多発性硬化症 次のようなさまざまなドメインに影響を与える赤字を提示します 注意 (持続的、選択的、分割および交互)、情報処理速度、 エグゼクティブ機能 (抽象的な概念化、 問題解決 、計画、マルチタスク、口頭での流暢さ)e メモリ 長期的(Chiaravallotti N.D. and DeLuca J.、2008)。通常保存されるドメインは、代わりに、 言語 そしてその インテリジェンス 一般(Q.I。)(Planche V. et al。、2015)。

これらの障害は、前頭領域の白質への損傷の直接的な結果として、および異なる分散脳システム間の接続の密なネットワークへの損傷として解釈されてきました。

さらに、社会的認知に関連する特定のスキル、 心の理論(ToM) 顔の表情の認識は、正面と側頭の領域を含む神経系を指し、白質への損傷の結果として、前述の能力の障害を見つけることが可能です。

以来 多発性硬化症 神経学的だけでなく、影響を受けた人々の生活の質を損なう心理病理学的および認知的欠陥に関連する中枢神経系の白質の障害の典型的な病理として生じる、文献には、調査したいくつかの研究がありますこの脱髄性疾患における社会的認知に関連するスキルの障害の可能性。

認知機能障害と身体障害の間にも正の相関が見られ、認知機能低下と学校教育の間には負の相関が見られました。

多発性硬化症:治癒

多発性硬化症 一般的に使用される薬は、ステロイド、免疫抑制剤、免疫調節剤、症候性の4つの主要なカテゴリーに属します。その効果 多発性硬化症療法 達成する目的は、再発を短縮し、その重症度を軽減し、再発を防ぎ、病気の進行を予防または遅延させることです。

近年、進行性神経疾患に関連する症状の治療のための革新的な技術の有用性を調査する研究が広まっています。これらの1つは、いわゆる「 直流経頭蓋刺激 '(tDCS) 。

tDCSは、頭蓋骨に配置された、キャップを通して配置された電極を介して低電圧電流を印加する技術です。刺激はニューロンの興奮性に変化をもたらし、ニューロンがより簡単に「アンロード」できるようにします。これにより、脳の接続が増加し、リハビリ中に発生する学習がスピードアップします。

自尊心のある子供10歳

NYUランゴーンの多発性硬化症総合ケアセンターの研究者によって実施された新しい研究では、 多発性硬化症 コンピュータゲームの認知トレーニングを実行しながらtDCSを使用して情報処理スキルを向上させた人は、刺激なしで同じトレーニングを実行した被験者と比較して、認知測定の大幅な改善を示しました。被験者はまた、自宅で認知トレーニングとtDCSを実施しました。ただし、これらの効果が最終セッション後にどのくらい続くかを確認するには、さらに調査が必要です。

多発性硬化症と心理的障害

の有病率と特徴を評価する多くの研究が行われてきました 心理的困難 pで見つかりました 多発性硬化症の患者。 の妨害があります 渇望 との 身体化 、 双極性障害 です 精神病 、最も一般的な障害はによって表されますが うつ病 (Thompson、Polman、Hohlfeld、およびNoseworthy、1997年)。

を説明するためにいくつかの仮説が進められています うつ病と多発性硬化症との関連 :共通の遺伝的基盤の存在、特定の脳領域における脱髄および神経膠症のプロセスとの相関の存在、免疫系の一般的な変化の併発、抑うつ障害をモダリティとして説明できる心理的要因の関与次のような特にストレスの多い障害のある病状に対する個人の反応 多発性硬化症。

不安障害は、症状の発症、診断の伝達、入院、重症型の疾患との直接の対決、進​​化の不確実性など、疾患に関連する最もストレスの多いイベントへの即時の応答モードを表します、治療提案の不十分さ、障害の進行性の蓄積。

の過程で発生する別のタイプの精神病理学的障害 多発性硬化症 それは、身体的病理と時系列の関係で障害が発生する状況を指定する一般的な病状による双極性障害ですが、この疾患が原発性気分障害の引き金であることを排除することはできません。これらの場合、患者の病歴の中で過去のエピソードと精神病理学の肯定的な家族歴を特定することがしばしば可能です。進行中の躁病エピソード 多発性硬化症 それらは、患者がより興奮している真の精神症状とは異なりますが、気分の持続的な変化を示すことはありません。躁症状と混同される可能性のある別の頻繁な状態は、幸福感であり、陶酔感として定義される病気を無視します。この状態は、情緒不安定の状態を特徴としますが、双極性障害に典型的な運動機能亢進および変動はありません。

の過程で発生する別の病気 多発性硬化症 それは確かに一般的な医学的原因による精神病です。ほくろの精神病の臨床的特徴 多発性硬化症の患者 統合失調症患者のそれとは比較的異なるように思われます:発症年齢が遅く、情動反応が維持され、症状がより早く解消し、治療への反応がより良くなります(Feinstein、du Boulay、&Ron​​、1992) 。

で頻繁に遭遇する臨床状態 多発性硬化症 それは笑いと痙攣性の泣き声から成り、そこでは笑いと泣き声のエピソードが起こり、環境の文脈に関して突然、制御不能で不調和な方法で交互になります。この状態は、感情的反応の変化を表しており、笑ったり泣いたりするのに必要な動きを損なう、皮質延髄路を含む脳血管病変に関連しています(Kim、&Choi-Kwon、2002)。

多発性硬化症の診断に対する反応

受け取る 多発性硬化症の診断 そして、この病気と毎日一緒に暮らすことは非常に困難です。診断の伝達の瞬間は、相反する感情を特徴とする、患者の非常に激しい心理的危機を伴います。 怒り 、欲求不満、無力感、 障害 と不信。受け取った後 多発性硬化症の診断 すべての確実性と自分自身の人生の計画は崩壊します。その後、病気自体の経過から症状や薬の服用に至るまで、すべてが予測不可能になります。これは、患者とその周囲の家族の生活の質に大きな影響を及ぼします。

  • 人が受け取った後に経験する最初の段階 多発性硬化症の診断 それは、不確実性、混乱、方向感覚の喪失を特徴とするショックとして定義されています。
  • 第二段階は、怒りの感情を特徴とする反応の段階です。人は病気に気づき、病気に関連する情報、検査、治療に焦点を当てて、なぜ病気になったのかを自問し始めます。
  • 3番目のフェーズは処理フェーズであり、患者は病気に適応し、困難を管理し始めます。
  • 第4の最後の段階は、病気への適応の段階であり、との完全な共存を特徴とします。 多発性硬化症 ;個人が彼の病状を受け入れている間、まだ困難に直面していることを考慮することは重要ですが。これらのフェーズが進化し、個人が可能な限り穏やかな共存と受け入れに到達できることを保証するために 多発性硬化症、 心理的サポートの役割は、特に診断のコミュニケーション段階で、そしておそらく病気の最初の数年間で基本的です(Bonino、2002)。

多発性硬化症患者を対象とした心理療法

広告 ザ・ 多発性硬化症における精神療法的介入 それは、病気の人と困難な状況で最適な感情的および関係的バランスを回復し、個人と環境の資源を促進することを目的とした一連の介入として定義することができます。この一連の介入は、 受け入れ と病気への適応は、認知の歪み、感情的な経験とに関連する機能不全の行動を強調しています 多発性硬化症 、これは患者に期待と人生の目標を変え、受動的に彼の状態に「降伏」するように誘導します。

心理療法的介入の目的は、自己の概念を再定義し、他者との関係や自分の人生のプロジェクトを再構築して、病気の状態への適応を達成し、対象を自分自身に可能な限り挿入することを目的とすることです。障害が許す最高レベルの生活の質を備えた環境。セラピストの仕事は、患者の困難を認識し、表現されたニーズと可能性を評価し、人格の基本的な側面と、病気が身体的、認知的、関係的レベルでもたらす影響との間の複雑な相互作用に注意を払うことです。に苦しんでいる患者とのあらゆるタイプの心理的介入の基盤に 多発性硬化症 病気に冒された人々の感情的な苦しみと患者の人としての認識に耳を傾けています。

したがって、臨床医の最初の目標は、いわゆる「 治療同盟 '。スペースを与え、患者の苦しみに耐えることは、ケアの不可欠な側面であり、その人間化の観点から保証されます。に苦しんでいる患者との心理療法の重要な側面 多発性硬化症 の問題です 動機 治療、治療プロセスに病気によって課せられる条件付け、および最も典型的な心理的経験に関連する繰り返しのテーマの存在 多発性硬化症。

介入には、病気の病期と重症度に関連した調整が必要です。初期段階では、診断への影響に関連する問題はより関連性が高く、その結果、家族や社会的関係を再編成する必要がありますが、より高度なものでは、神経学的欠損の発症とともに、ヘルスケアおよび関連する問題がより差し迫ったものになりますハンディキャップの管理に。

したがって、患者が家族生活に完全に参加できるように、神経疾患の慢性化および障害と共存する患者が経験する苦痛を担当し、家族および社会的資源を活性化することを目的とした治療的介入はグローバルでなければならない。そして、その残存能力を完全に尊重して社会的です。この介入は、「神経リハビリテーション」に基づいて、さまざまなスキルと専門家の貢献をまとめる統合ケアの一部である必要があります。

に苦しんでいる患者との心理療法に対処する際に 多発性硬化症 障害、人格特性、患者の学習システムだけでなく、病気の臨床的特性による適応の不安定さも考慮する必要があります。したがって、変化の過程の根底にある手順に注意を払い、患者から報告された不快感と介入の目的を操作可能にし、臨床状態の不安定さを考慮した維持介入を計画することがさらに重要になります。

ほとんどの研究は、精神療法の使用が精神症状の治療、治療へのより強い順守、身体的症状の軽減、再発の予防を目的とする統合療法の有益な効果を強調することに同意しています。心理的障害、および家族や医療専門家とのより良い関係の観点からのより大きな生物心理社会的幸福。

文献の研究では、心理的支援を伴う支援グループや自助グループから、次のようなより構造化された治療まで、さまざまなタイプの心理療法が検討されています。 認知行動心理療法 。ほとんどの臨床研究は、特に抑うつ型の心理的問題の管理における心理療法のプラスの効果を強調することに同意しています。

書誌:

  • IBIS協会。多発性硬化症および筋栄養性側方硬化症[オンライン]入手可能場所: https://associazioneibis.jimdo.com/f-a-q-ibis/sclerosi-multipla-e-sclerosi-laterale-amiotrofica/ [2018年8月1日アクセス]。
  • Cambier Jean、M。M.(2005)。 Neurology、第10回イタリア語版。ミラノ:マッソン。
  • Planche、V.、Gibelin、M.、Cregut、D.、Pereira、B。、およびClavelou、P。(2015)。 多発性硬化症患者の人口ベースの研究における認知障害:後期再発寛解型、二次進行型および一次進行型多発性硬化症の違い 。神経学のヨーロッパジャーナル。
  • Grossi、P。(2008)。臨床発症時の多発性硬化症における皮質可塑性:機能的磁気共鳴による作用の観察の研究。
  • Vella、L。(1985)。イタリア医学百科事典(第1巻)。使用。
  • Lanzillo、R.、Chiodi、A.、Carotenuto、A.、Magri、V.、Napolitano、A.、Liuzzi、R。、…&Morra、V。B.(2016) 早期発症型多発性硬化症における生活の質と認知機能 。 European Journal of Pediatric Neurology、20(1)、158-163。
  • Poser S、Raun NE、Poser W.(1982)。発症年齢、初期症状および多発性硬化症の経過。 Acta Neurol Scand、66(3):355-62。
  • Kurtzke、J。F.(1983)多発性硬化症における神経障害の評価は、拡張障害状態スケール(EDSS)です。 Neurology、33(11)、1444-1444。
  • Chiaravalloti、N。D.&DeLuca、J。(2008)多発性硬化症における認知障害。 Lancet Neurology、7(12)、1139-1151。
  • Thompson、A.J.、Polman、C.、Hohlfeld、R.N。、およびNoseworthy、J.H。 (1997)。多発性硬化症:臨床的課題と論争。マーティン・ダニズ、ロンドン。
  • Feinstein、A.、du Boulay、G。、&Ron​​、M.A。(1992)多発性硬化症における精神病。臨床および磁気共鳴画像研究。精神医学の英国ジャーナル、161、680-685。
  • Kim、J.S。&Choi-Kwon、S。(2002)脳卒中後のうつ病と情動失禁:病変の位置の相関関係。 Neurology、54、1805-1810。
  • Bonino、S。(2002)。多発性硬化症の心理的側面。診断から病気の管理まで。エド・スプリンガー。

多発性硬化症-詳細:

慢性疾患

慢性疾患では、発症は最初から不確実で予測不可能です。症状は人の日常生活に激変を引き起こします