「情事」、愛と破壊の物語-レビュー(M.ハネケ、2012年)

情事:並外れて絶望的な映画。死、病気、老年期の主題は素晴らしい影響で扱われます。